最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

取手全日本選抜競輪 Hot Tips(注目選手)Part 2

2017/02/14 12:36

菊地 圭尚 今年に入ってからの充実度合はピカ一。まず久留米FIを小松崎大地に乗って制し、続く伊東FIは早坂秀悟目標で完全V。地元地区のいわき平記念は2日目優秀で北日本3番手から、番手回りの渡辺一成を一気に抜き去った走りが印象に残る。4日制になって以来取手記念の決勝進出がなく、競走に関しては縁の薄いバンクだが、今の調子なら展開不問で突っ込んでくる感じがする。

近藤 隆司 今年は11戦して1着4回、2着1回、3着2回で、3連対率は727のアベレージ。準決は全て1着クリア。そして特に印象の残るレースが松山記念2日目優秀。浅井康太との競り合いを凌ぎ、原田研太朗の捲りにスイッチして中村浩士まで連れ込んで1着という芸当。昨年の全日本選抜決勝は福島勢のワンツースリーだったが、他地区の中では最先着の4着。今年は表彰台に昇ってしかるべき存在。

沢田 義和 兵庫県の競輪選手会の支部長という重責を担いながら、トップレベルを維持し続ける超人。ちょうど1年前の競走得点は106点台だったが、そこからジワジワと上げていき、12月以降は110点台を維持している。今年は4戦して決勝進出2回。元旦の広島は初日特選、準決と井上昌己相手に共に勝利。前回向日町準決の失格は番手の仕事に徹したもので、逆に調子の良さがうかがえる。近畿の手駒が多いだけに、古豪復活の舞台は整った。

カテゴリ:注目選手 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170214123640