最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

岸和田高松宮記念杯決勝展望

2017/06/17 21:31

東西対抗戦らしくベスト9は北日本2名、関東3名、近畿2名、九州2名という感じで地区が綺麗に分かれた。並びは北日本が新田祐大─成田和也、関東が吉田拓矢─平原康多─武田豊樹、近畿が稲垣裕之─村上義弘、九州が山田英明─井上昌己となった。最近の傾向、事故点を考慮すると、周回中は九州─北日本─近畿─関東で進んで、赤板から近畿が斬って、関東が誘い出されるように鐘前から飛び出そう。勝負ところでは吉田─平原─武田─稲垣─村上─新田─成田─山田─井上の隊列。常識的にはこう進めば、東王座の再現で平原、武田の一騎討ちだが、決勝の独特な雰囲気の中で吉田が冷静に踏めるか?捲り合戦になって、4番手の稲垣、6番手の新田が飛んでくると予想する。

カテゴリ:決勝展望 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170617213149