最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

小松島記念決勝を振り返って

2017/07/09 18:43

村上義弘─西岡正一─金子貴志─木暮安由─岩本俊介─太田竜馬─阿竹智史─三宅達也─阿部大樹の隊列で落ち着き、赤板を迎えたところで太田が上昇を始め、鐘で村上を叩いて先制する。村上は鐘3コーナーで阿竹と並び、すぐに競り落として太田の後ろを奪う。そして最終バック前から阿部が捲り上げ、それを合図に村上が番手捲り。競り負けていた阿竹が西岡の外で頑張っていたので、3半で西岡が村上から離れて、阿竹の方が村上を追いかけるかたちになる。結局この態勢のままゴールとなり、1着村上、2着阿竹、3着西岡となった。木暮ら東日本の揺さぶりがないのなら、太田ラインは二周半前くらいから動き始めて、村上を下げさせるべき。経験値の差がモロに出た一戦だった。

カテゴリ:決勝を振り返って ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170709184323