最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

伊東サマーナイトフェスティバル Hot Tips(注目選手)Part2

2017/07/14 18:27

根田 空史 なぜか短走路での配分が多く、過去半年で6回ある。そして全ての開催で決勝進出を果たしている。奈良記念で優勝し、当所は2月FIは1着、1着、8着。初日特選は筒井裕哉─藤木裕の二段駆けを8番手から、準決は山下一輝の赤板先行を7番手から豪快に捲り去っている。特に準決は2着に4車身差の圧勝劇だった。今回は地元地区の利もあり、期待は更に高まる。

金子 貴志 昨年のサマーナイトフェスティバルで11年振りの決勝進出。準決で浅井康太と空中分解したが、自力に転じて窮地を突破した。これで相性のいい開催になったであろう。そして今年唯一走った短走路の4月前橋FIは完全V。太田竜馬に乗って根田空史─海老根恵太の千葉コンビを撃破した。直前の小松島記念も決勝進出と流れはいい。準決で弟子の深谷和広と一緒になる番組になれば、今年も面白い存在。

カテゴリ:注目選手 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメント

1.レース結果よりより(2017/07/18 13:14)

根田 空史 予選1着 準決8着 特選8着
 予選は赤板で松岡健介が飛び出したが、ちょっと緩めたために、立ち遅れていた根田が猛スパートして、鐘3半で出切る。そこからは根田のワンマンショー。最終バックでは10車以上後続を離して、ゴールでも2着に5車身差の圧勝。準決は稲垣裕之を叩いて、根田─郡司浩平で先制。稲垣のバック捲りは郡司が止めたが、その上を新田祐大─渡辺一成に捲られる。最終日の敗者戦は中井俊亮─稲垣─坂口晃輔の中近二段駆けの8番手。捲り合戦で3コーナーから仕掛けたが、4コーナーで大きく外に膨れてしまった。初日の圧勝劇を見てもやはり短走路は強い。今後しばらく狙ってみては。

金子 貴志 予選8着 選抜1着 選抜2着
 予選は山田久徳任せ。鐘で山田が根本哲吏を叩きにいったが失敗。共倒れで予選敗退となった。敗者戦の2日目は脇本雄太の番手。脇本が才迫開を叩いた後は他派の反撃はなく、車間を切って悠々抜け出した。最終日は志智俊夫の前で自力勝負の構成。鐘から山田─沢田義和と杉森輝大が激しい先陣争い。鐘4コーナーから仕掛けた金子が最終バックで早くも先頭に立ち、見事な中部ワンツーとなった。調子の良さと短走路の相性の良さは継続しているとみたい。

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170714182758