最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

川崎記念 Hot Tips(注目選手)Part1

2017/08/01 21:27

大竹  歩 ここ半年、岐阜と平の落車で出走回数はかなり少ないが、その中でちゃんと結果は残している。5月の函館記念からの5開催で4度決勝進出を果たしている。前回の平塚FIは初日特選で根田空史相手に鐘から発進して、堂々逃げ切り勝ち。決勝は根田に警戒されて8番手になって、捲り届かずの3着だったが、かなりの接戦に持ち込んでいた。6月の松戸FIでも決勝進出を果たしており、南関地区の相性も最近はかなりいい。

久米 康平 準決がカベになって今年の決勝進出は4度だけだが、2月伊東FIは根田空史、雨谷一樹ら相手に単騎の橋本智昭に乗って番手捲りで優勝を飾っている。前回の平塚FIは前記大竹と同じ開催で、決勝は最後は沈んだが、根田、大竹相手に十分見せ場を作った。記念競輪は5月の宇都宮一次予選で稲村成浩に快勝など成果は上げている。

カテゴリ:注目選手 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメント

1.レース結果よりより(2017/08/07 22:53)

大竹  歩 特選9着 二予1着 準決4着 特秀2着
 初日特選は赤板上昇したで山崎芳仁の上を叩いて、鐘前2コーナーから先制。この時、深谷知広が3番手に入り、最終ホームからスパート。大竹も抵抗したが、最終バックで独走となった深谷からは離れ過ぎて完敗。二次予選は矢野昌彦、荻原尚人が次々と飛び出す展開で勝負所では8番手。ホーム過ぎから荒井崇博が捲り上げる展開で、大竹は1コーナー過ぎから、荒井を追いかける感じでスパート。凄い回転で4コーナーで荒井を飲み込む快勝劇。準決は小泉俊也の単独カマシを急追したが、ホームスパートの深谷に2コーナーで飲み込まれる。それでも3着には入れそうだったが、大塚英伸に絞め込まれて4着。最終日の敗者戦は山本紳貴─松谷秀幸─山田幸司の二段駆けを力でネジ伏せ、マークしていた荒井には差されたが2着。掲示板を外したのは優勝した深谷と同じレース。これからも十分狙える選手ということは証明した。

久米 康平 一次予選は赤板で伊原克彦に押さえられて、矢野昌彦の突っ張り先行をされて危ない展開になったが、最終バックで伊原を振りほどいて、一気の捲りで快勝。二次予選は嶋津拓弥の赤板先行を2コーナー4番手から捲りに行ったが、五十嵐力に番手捲りをされて5着。敗者戦は3日目はカマシ先行で一本棒にしたが、直線で内から山下渡に強襲されて踏み辛くなって4着。最終日は鐘から逃げたが、田中孝彦のイン粘りで援護役がいなくなって、天田裕輝の捲りに対応できず9着。今回は紙一重で勝ちを逃す感じになった。

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170801212718


弥彦記念決勝を振り返って

2017/08/01 19:03

赤板前から後方にいた稲垣裕之─椎木尾拓哉─阿部力也が上昇して、それを見て浅井康太─西村光太、渡辺雄太─諸橋愛も動き始め、鐘前2コーナーで一気に隊列が変わり、渡辺─諸橋─稲垣─椎木尾─阿部─木暮安由─朝倉佳弘─浅井─西村の隊列で鐘を迎える。まず木暮が鐘の4コーナーで仕掛けて稲垣を締めにかかる、更に浅井も踏んで、1コーナー過ぎでは諸橋の後ろで稲垣、木暮、浅井で競り合う流れ。まず最終バックで浅井が脱落し、稲垣との競りを止めた木暮が捲り上げて、今度は諸橋に襲いかかるが、きっちりブロック。直線の伸び比べで、稲垣が内、椎木尾が外を来たが、諸橋が何とか堪え、嬉しい地元記念優勝を達成した。予想された2パターンのうち、自身の後ろが大渋滞となる方になり、諸橋に勝利の女神が微笑んだ。

カテゴリ:決勝を振り返って ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170801190326