最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

青森記念準決展望

2017/09/24 23:45

10レース
新山響平─成田和也の北日本に石川裕二が付ける混成ラインと、山田久徳─稲川翔─松岡健介の近畿と和田真久留─小原大樹─山賀雅仁の南関との綺麗な三分戦。すんなり運べば先行する新山に乗る成田が有利に運べるが、山田が変化ワザに出ると、ホームバンクの新山の逃げ切り勝ちも十分に考えられる。

11レース
ここは渡辺晴智が横山尚則に付けず、北日本の坂本貴史─山崎芳仁の後ろを選択したため、深谷知広─椎木尾拓哉─神田紘輔の中近、竹内翼─香川雄介の中四国を加えた、3対3対2対1の変則的なコマ切れ戦となった。渡辺が3番手に付いてくれたことで、逃げてもいいし、竹内を行かせての好位捲りでもいいと、坂本─山崎には普通に走れば有利な流れが見込める。これを深谷が力で粉砕できるかどうか。

12レース
新田祐大─守沢太志の北日本、松谷秀幸─神山雄一郎の南関、関東連合軍、川口聖二─山内卓也の中部、山下一輝─松浦悠士の中国というラインが2人ずつのコマ切れ戦で、園田匠は周回中の位置は決めない感じになった。ちょっと骨っぽいのは松谷だけで、新田にとって負けられない構成。最近の傾向でいえば守沢もほとんど離れることはない。北日本両者の一騎討ちムードだが、崩すとすれば、自力も使える松浦が山下をある程度使ってから、捲りを打ったケースか。

カテゴリ:準決展望 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20170924234520