最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

松戸記念決勝を振り返って

2017/10/01 20:16

地元千葉が前を取らされたため、吉田拓矢が押さえて先行できることになったが、余りにも早く出すぎたので、スローペースに落として根田空史の反撃を待つ。鐘あたりから吉田が本格的に踏み、根田は鐘の4コーナーから仕掛けていく。最終ホームから2コーナーにかけて吉田マークの神山拓弥が牽制して、根田はスピードダウン。その時、神山の後ろの諸橋愛がスッと内に入り、神山を掬って、吉田の番手におさまる。これで隊列が吉田─諸橋─佐藤慎太郎─筒井敦史になる。そして4コーナーを迎え、早駆けの吉田に余力がなくなり、諸橋が一気に抜け出し、弥彦に続く記念競輪連覇を果たした。佐藤、筒井が続くかたちで2、3着に入線。ちょっと早めに味方を裏切っての諸橋の優勝。今後の諸橋と栃木、茨城勢の関係に注意しておきたい。

カテゴリ:決勝を振り返って ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20171001201624