最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

防府記念準決展望

2017/11/03 22:07

10レース
ラインは吉沢純平─諸橋愛の関東、猪俣康一─浅井康太─森川大輔の並びで折り合った中部、稲毛健太─松岡健介の近畿、そして佐々木孝司と武井大介は組まずに、それぞれが単騎となった。ラインの長さと責任感を考慮すると、逃げるのは猪俣。これに稲毛、吉沢が次々と襲いかかる流れが予想されるが、浅井が遠慮なく番手捲りを打てば、必勝態勢に持ち込めそう。

11レース
ここはラインコマ切れ。和田真久留─和田健太郎の南関、伊藤裕貴─金子貴志の中部、太田竜馬─桑原大志─石丸寛之の中四国、松岡孔明─中川誠一郎の熊本が四派に分かれることになった。伊藤との先陣争いになっても逃げるのは太田。後ろが地元となれば、是が非でも行かなければならない。短走路と若さに任せて太田が桑原との一騎討ちに持ち込むとみたが、最初の段階で脚力ロスをして、3コーナーあたりから失速する様だと、和田真の捲りが決まろう。

12レース
山田和巧が単騎となるが、基本は三分戦。新山響平─高橋陽介─大崎和也の青森、野原雅也─村上義弘の近畿に小川勇介が付くライン、そして松浦悠士─堤洋の中四国。新山と野原の先陣争いが予想されるが、柔軟性があって、どんな流れにでも対応できるのは野原の方。すんなり出切れば問題ないし、新山に出切られれば、後ろに飛び付いて、新山の後ろを高橋から奪って、番手捲りか、4コーナーから一気に抜け出す感じで、村上との一騎討ちに持ち込もう。

カテゴリ:準決展望 ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20171103220749