最新のコメント
最新のトラックバック

佐世保記念決勝を振り返って

2017/12/17 21:04

井上昌己が前を取って、九州が正攻法となったが、山田久徳、坂本貴史に押さえられた北津留翼が下がったところで、坂本がスパートして、鐘で主導権を握る。山田は4番手まで下げて、最終ホームは坂本─成田和也─和田圭─山田─椎木尾拓哉─北津留─井上─園田匠─吉田敏洋の隊列になる。そして9番手となった吉田が内を衝いて、2コーナー手前で北津留を掬い、北津留は仕掛けるタイミングを完全に失う。最終バックを迎え、今度は山田がスパート。成田のブロックを交わして3コーナー過ぎで先頭に立つ。捲り追い込んだ吉田、4コーナーの大外を踏んだ井上が直線で猛追したが、山田が何とかこらえ、嬉しい記念初制覇を成し遂げた。2着は井上、3着には吉田の入線となった。九州、北日本が淡泊な攻めをしたおかげで、山田が美酒に酔うこととなった。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20171217210427


佐世保記念決勝展望

2017/12/17 01:46

吉田拓矢、取鳥雄吾ら先行した選手が全く残れないというサバイバルレースをくぐり抜けた面々による一戦。ラインはコマ切れで、北日本が坂本貴史─成田和也─和田圭、近畿が山田久徳─椎木尾拓哉、九州が折り合って北津留翼─井上昌己─園田匠。そして吉田敏洋が中部単騎となった。九州が福岡─地元長崎─福岡という変則的というか、地元の井上に勝たせる布陣。それも特別競輪優勝経験のある園田が3番手に引いて。こうなると、まず北津留の先行は間違いない。例え、坂本に叩かれても無理に仕掛けて、井上が最後は自ら捲りを打てる流れにもっていくはず。井上─園田の両者での決着が濃厚。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20171217014604