最新のコメント
最新のトラックバック

立川記念決勝展望

2018/01/06 21:53

稲垣裕之、山崎芳仁の脱落はあったが、実力者が順当に勝ち上がっての決勝となった。ラインは平原康多─芦沢大輔の関東、浅井康太─金子貴志─志智俊夫の中部、小川真太郎─小倉竜二─浜田浩司の四国、そして岩津裕介が単騎を選択した。周回中は正攻法が浅井で中団が平原。後ろ攻めの小川が追い上げて、岩津が付いていって、結局、中四国4人で先行しそう。勝負の分かれ目は浅井と平原のどちらが楽に5番手が取れるか。ここでもつれれば四国の思うツボで小倉が番手から抜け出して優勝。浅井がすんなり5番手なら、準決の再現で金子との一騎討ち。平原の場合は今シリーズの気配も考えると、捲り追い込みになって、小倉と平原が接戦でのゴール争いになりそう。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180106215307