最新のコメント
最新のトラックバック

高松記念準決展望

2018/02/02 22:12

10レース
新山響平─佐藤慎太郎─安部貴之の北日本、杉森輝大─志村大賀の関東、三谷竜生─南修二─小岩大介─古閑良介の近畿、九州連合軍による四分戦。古閑が切り替える可能性を示唆しているが、三谷にとってラインが4人いるのは心強い。優秀では杉森の逃げを問題にしなかっただけに、三谷の調子に不安はない。仕掛け所を間違えなければ、三谷─南の一戦が有力。波乱があるとすれば、捲り鋭い新山の一発。

11レース
地区的には牛山貴広─藤田竜矢の関東、海老根恵太─松坂英司の南関、山田久徳─近藤龍徳の中近、松本貴治─香川雄介─松浦悠士の中四国の四分戦だが、牛山と海老根が逃げることは考え辛く、山田と松本の主導権争いが焦点。二次予選は相手が軽かったとはいえ、松本が鐘の3コーナーからのロング捲りで2着。地元の池田憲昭の勝利に貢献。山田がカマシか捲り狙いと考えれば、ここは松本がペース駆けに持ち込めそう。番手を回る香川の抜け出しが有力とみたが、山田や牛山が飛び付き策に出れば、松本の逃げ切りも一考。

12レース
大槻寛徳が東日本でまとまらず、位置を決めずにいくということで、2人になった金子幸央─諸橋愛の関東、柴崎淳─笠松信幸─浜口高彰の中部、太田竜馬─池田憲昭─柳詰正宏の西日本によるライン三分戦になった。二次予選はかなり危ない展開を乗り切って快勝の太田。3着以下は千切ったとみれば、調子は万全だ。先行しても他派に何もさせない可能性は大。太田─池田のが並んでのゴールが濃厚で、ここに諸橋が割って入れるかどうか。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180202221235