最新のコメント
最新のトラックバック

静岡記念決勝展望

2018/02/19 21:23

北日本コンビが分かれて、単騎の自力選手に付くことによって、ライン四分戦になった。同地区のラインは関東が吉田拓矢─平原康多─神山拓弥、近畿が古性優作─村上義弘、そして上記した即席ラインは和田真久留─成田和也と取鳥雄吾─大槻寛徳。ひと目見て、同期の吉田と取鳥による先陣争いが注目点。ラインの先頭で駆ける責任感は、栃茨ラインなのに、茨城─埼玉─栃木という変則的になった一番前を任された吉田の方が上。例え取鳥に叩かれても早めに巻き返すはず。最後は平原が鋭く抜け出す流れになろう。ただ吉田と取鳥の先陣争いが過剰に激化してしまうと古性の捲り一発が炸裂する。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180219212310