最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

宇都宮記念決勝を振り返って

2018/07/01 21:12

周回中は小松崎大地─守沢太志─武田豊樹─神山拓弥─岡光良─中川誠一郎─山田庸平─南潤─竹内雄作の隊列で落ち着く。そして鐘前2コーナーから竹内が上昇を始めてレースが動き出す。小松崎が竹内を迎え入れて番手に入ったが、武田も追い上げて、最終ホームは小松崎と武田の競りになる。この位置は武田が取り切ったが、2コーナーから仕掛けた中川─山田─南が最終バックで前団を一気に飲み込み、3コーナーからはこの3人の争いに変わる。南が4コーナーから踏み上げたが、直線に入っても中川のスピードは衰えず、結局この体系のままゴール。中川が昨年の和歌山以来1年半振りの記念優勝を達成した。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180701211214