最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

松戸サマーナイトフェスティバル準決展望

2018/07/15 01:31

10レース
渡辺一成─佐藤慎太郎の福島、深谷知広─吉田敏洋─志智俊夫の中部、そして渡部哲男が鈴木竜士との即席タッグでなく、古性優作─稲垣裕之の近畿の3番手を選んだため、鈴木が単騎になっての四分戦となった。オーソドックスな先行タイプがおらず、ここは深谷が逃げることになりそう。普通に走れば吉田が番手絶好だが、初日の浅井康太の様に絡まれる恐れもある。深谷の逃げ切り勝ちと五分五分といった感じか。

11レース
近藤隆司─中村浩士の千葉、竹内雄作─浅井康太の中部、三谷竜生─村上博幸の近畿、清水裕友─園田匠の西日本、そして木暮安由が単騎というコマ切れ戦。予選で金星をあげた清水が逃げて、そこに三谷、竹内が襲いかかる流れ。一応柔軟に対応した走りができる三谷が激戦を断って連勝を飾るとみたい。穴は有力選手が潰し合った時に地元の近藤が漁夫の利を得るケース。

12レース
菅田壱道─飯野祐太─斉藤登志信の並びで折り合った北日本、平原康多─武田豊樹の関東、太田竜馬─松浦悠士の中四国、山田英明─中川誠一郎の九州という四分戦。中団の取り合いがカギだが、若い太田の逃げをうまく立ち回った平原が捲るというのが常識的な見立てだが、同型との叩き合いがない分、太田は自分のペースで駆けられる。平原ら他のラインが油断していると、太田が逃げ切り勝ちを演じる可能性は十分にある。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180715013132