最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

岐阜記念準決展望

2018/09/07 22:20

10レース
小松崎大地─佐藤慎太郎の福島、金子幸央─内田英介─吉田裕全の関東、野原雅也─志智俊夫の中近、松浦悠士─桑原大志の中国によるライン四分戦。自力選手は走法に幅があるタイプが多く、こと逃げるとなれば野原になるのか。タイミング良く発進して、マイペースに持ち込めば、野原が勝利を掴みそうだが、松浦に3番手に入った時は、松浦が優秀で見せた鋭脚を再度見せそうだ。

11レース
吉沢純平─神山拓弥の栃茨、和田真久留─山賀雅仁の南関、川口聖二─坂口晃輔の中部、南潤─椎木尾拓哉─中野彰人の和歌山によるライン四分戦。常識的なレース展開は川口がインを斬って、そこを南が叩いて一気に主導権を奪う感じ。これに離れず付いてくれば椎木尾が番手有利に抜け出すが、川口が南を出させまいと抵抗して、和歌山ラインが空中分解を起こすと、吉沢の捲りが飛んできそうだ。

12レース
山崎芳仁─大槻寛徳の北日本、片折亮太─中田健太の埼玉、竹内雄作─北野武史─東口善朋─神田紘輔の中近によるライン三分戦で、池田憲昭は単騎で決めずに攻めることになった。優秀は最後に松浦悠士に差し込まれた竹内だが、最終ホームから強引に叩いた脚勢は圧巻だった。ここは富山記念に続いて勢いがある片折の抵抗が厄介でも、ライン4車なら、豊富な援護を頼りに竹内が豪快に逃げ切るとみたい。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180907222026