最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

高知共同通信社杯準決展望

2018/09/15 22:16

10レース
横山尚則─武田豊樹─稲村成浩の関東、古性優作─川村晃司の近畿、山崎賢人─山田英明の九州に和田圭が付くラインと、合計三派だが、桐山敬太郎も単騎で何かするとのことで、構成的には四分戦か。展開は武田が付けば横山も積極的に駆けそうだが、二次予選の走りを見ると山崎が力でネジ伏せてしまって、最終主導権を握りそう。なら自力でも強い山田が最後は展開有利に抜け出しそうだ。

11レース
飯野祐太─斉藤登志信の北日本、平原康多─木暮安由の関東、山田久徳─村上義弘の京都、清水裕友─桑原大志の山口、そして単騎でも自力というコメントを出した佐々木豪によるコマ切れ戦。徹底先行というイメージはないが、バック本数を考えると逃げるのは清水か。ただ500バンクだけにペースは上がらず、残り一周を切ってからのスプリント勝負になりそう。そうなると底力がモノをいいそうだし、8番手にならなければ平原が二次予選の様に豪快に捲り切ろう。

12レース
早坂秀悟─大槻寛徳の宮城、簗田一輝─郡司浩平の南関、浅井康太─村上博幸の中近、太田竜馬─香川雄介─佐々木則幸の四国による四分戦。簗田と浅井は捲り狙いだけに、逃げるのはスペシャリストの早坂か若い太田。ただ現状を考えると最終主導権は太田の方が握りそう。ラインの長さ、四国地区の開催の両方を利して、最後は太田─香川の一騎討ちになるのか。もっとも、早坂の抵抗で太田が失速すれば、思惑通り浅井、簗田の捲り追い込みが届きそう。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20180915221626