最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

久留米火の国杯争奪戦

2018/10/19 22:12

10レース
佐藤朋也─佐藤和也の北日本、横山尚則─神山雄一郎─小林令の関東、山田英明─松岡貴久の九州、そして古性優作─小倉竜二の即席による四分戦。徹底先行タイプが不在だけに、後ろに競輪史に名を残す神山が付く責任感で横山が逃げることになりそう。焦点は古性と山田による位置の取り合いだが、車番が内の分だけ古性の方が戦いやすそう。捲り合戦を好位置を確保した古性が制して、勝利を飾るとみたい。

11レース
新山響平─佐藤慎太郎─佐々木雄一の北日本、金子哲大─萩原孝之の関東、南関連合、吉本哲郎─柏野智典の中国、中川誠一郎─吉本卓仁の九州による四分戦。バック本数は自力タイプに戻した吉本哲が一番だが、レベルを考えると最終主導権は新山の方が握ろう。番手から抜け出す佐藤と捲り追い込んでくる中川との1着争いだ。

12レース
伊早坂駿一─平原康多─芦沢大輔で折り合った関東、松川高大─小岩大介─佐藤亙の西日本、そして南関単騎の根田空史に和田圭─小野大介の北日本が付くラインによる三分戦。優秀は九州二段駆けにやられた平原が今度は茨城─埼玉─茨城という変則的な並びにしてもらってお返しをする番。平原─芦沢で決着する目が濃厚。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20181019221216