最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

豊橋記念決勝を振り返って

2018/10/30 21:25

単騎で戦うメンバーが残り二周半くらいから活発に動いて入れ替わりが激しくなり、赤板でインを斬った金子幸央が前に出て、以下浅井康太─金子貴志─山崎芳仁─古性優作─稲垣裕之─高橋和也─吉田敏洋─渡辺雄太の隊列で落ち着いたところで鐘を迎える。しばらくスローペースになったが、最終ホーム手前からピッチが上がり、高橋がカマシ先行に打って出る。高橋─吉田まで出切って、この動きに古性が反応して、最終バックは高橋─吉田─古性─稲垣が前団を占める。そして何とか5番手で切り抜けた浅井が3コーナーから一気にスパート。4コーナーで吉田の牽制は受けたが、スピードは衰えることなく直線で先頭に踊り出る。一騎討ちとなった金子貴の追撃も1輪差こらえ、6月富山以来の記念制覇となった。前残りのかたちで吉田も3着に入り、結局中部で上位独占となった。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20181030212544