最新のコメント
最新のトラックバック

佐世保記念決勝を振り返って

2018/12/25 00:56

赤板で古性優作─山田久徳─柏野智典がインを斬り、それに呼応する様に新山響平─五十嵐力が鐘前からカマシ先行を打って、鐘は新山─五十嵐─古性─山田─柏野─諸橋愛─井上昌己─坂本健太郎─園田匠という隊列になる。新山のカカリは凄まじく、最終バックまで縦一本が崩れない。そして3コーナーから井上が捲り上げたが自転車は進まず、古性も3番手から車間を切って踏み出そうとするが伸びは鈍い。そして直線を迎え、前団4人による伸び勝負となったが、結局番手絶好となっていた五十嵐が抜け出し、7年振りの記念制覇を成し遂げた。大外を伸びた山田が2着、逃げ粘った新山が3着で入線

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20181225005644