最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

松阪記念準決展望

2019/01/25 23:04

10レース
渡辺雄太─東龍之介─大塚玲の南関、皿屋豊─近藤龍徳の中部、山本伸一─村上博幸─南修二の近畿、そして単騎の野田源一という四分戦。年齢的には最年長だが、逃げるのはチャレンジャー的立場の皿屋だ。となるとポイントは渡辺と山本のどちらが3番手か野田を挟んでの4番手を取るかだ。捌きのうまさと脚力を考えると渡辺の方が一歩リード。中団以内確保からの捲り一撃で、渡辺が勝利を掴むとみたい。

11レース
吉田拓矢─武田豊樹─小林大介の関東、柴崎淳─山口富生─山口泰生の中部、川村晃司─神田紘輔の近畿、そして単騎の掛水泰範という四分戦。吉田と柴崎からすると初日の特選の再戦となるが、今度はライン3車になったということで吉田が思い切って逃げそう。ただ現状の武田は脚力が落ちており、柴崎の捲りに対処できなさそう。地の利もある柴崎が順当に勝利をおさめる。

12レース
阿部拓真─伏見俊昭─鹿内翔の北日本、竹内雄作─浅井康太─舛井幹雄の中部、井上昌己─小倉竜二─池田憲昭の西日本による三分戦。同型の比較でいえば竹内にとって二次予選より楽なメンバー構成。鐘あたりから一気に飛び出し、あとはマイペースに落として、他派を翻弄して、番手絶好となった浅井が楽に差し切るとみたい。これを崩す作戦は非力な3番手の舛井をドカして、浅井の直後から襲いかかる手か。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190125230453