最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

別府全日本選抜競輪準決展望

2019/02/09 22:10

10レース
吉沢純平─諸橋愛の関東、渡辺雄太─海老根恵太─成清貴之の南関、山田久徳─村上義弘の京都、中川誠一郎─小倉竜二の西日本による四分戦。少々ムリ駆けになっても逃げたいというタイプがおらず、ここは最も年齢が若くて、ラインも一番長い渡辺が先陣を切ることになりそう。その一方で中川は8番手まで後退しそうなので、吉沢と山田による中団争い。これは脚力的に吉沢の方が制しそうで、中団捲りを決めた吉沢の勝利に期待したい。穴は中団で縺れた時に、渡辺の番手から海老根が楽に抜け出すケース。

11レース
山中秀将─和田真久留の南関、浅井康太─吉田敏洋の中部、古性優作─村上博幸の近畿、太田竜馬─香川雄介の四国、そして単騎の木暮安由というコマ切れ戦。初日の特選に続いて、スタールビー賞も先行して、ラインで上位独占を果たした太田。ここも再現なるかだが、今度は味方が1人足りないのが大きく響きそう。初日の雪辱とばかりに浅井が捲り一撃を決めるとみたい。

12レース
平原康多─武田豊樹の関東に佐藤慎太郎が付くライン、郡司浩平─中村浩士─山賀雅仁の南関、原田研太朗─松浦悠士の中四国による三分戦で、坂口晃輔は単騎で好位を探し求める感じ。直近4ヶ月でバック本数が一番多いのは郡司だが、逃げでの連絡みはゼロ。駆けるにせよカマしていきたいクチ。それは平原も原田も同じで、スローペースから、一気にピッチが上がるレースになりそう。そうなればマーク陣にとって苦しい流れ。最後はラインの先頭で走る平原や郡司の1着争いになりそう。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190209221021