最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

玉野記念決勝を振り返って

2019/03/04 01:46

単騎の野田源一が前を取って、中国勢松浦悠士─柏野智典─西岡拓朗が続き、芦沢辰弘─志村太賀の関東勢が中団を取って、太田竜馬─阿竹智史─北村信明の徳島勢は後ろ攻めとなった。赤板までは縦一本だったが、そこを過ぎてから太田が上昇を始め、鐘前から一気にピッチを上げて、徳島ラインが鐘で飛び出す。その後ろに中国勢がすっぽり収まり、野田や関東勢は立ち遅れる感じになる。そして最終2コーナーから松浦が捲り上げたが、車の進みが悪い上に、阿竹が車間を切って反撃を完全に封じる。これで番手絶好となった阿竹が4コーナーから抜け出し、6年振り2回目の記念制覇を達成した。2着は直線で中を割った柏野。3着は阿竹に続いた北村が入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190304014632