最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

高知記念決勝を振り返って

2019/04/14 22:03

吉田敏洋─村上博幸が正攻法に入り、取鳥雄吾─清水裕友─松浦悠士と取鳥後位を狙っている諸橋愛が中団、田中晴基─山中貴雄─佐々木則幸が後ろ攻めとなった。レースは鐘前2コーナーで田中が追い上げたところから開戦となり、鐘で田中が吉田に並びかけ、更に鐘の4コーナーで取鳥が主導権を取り切ったところで佳境に入り、最終ホームは取鳥─(諸橋・清水)─松浦─田中─山中─佐々木─吉田─村上の隊列に変わる。取鳥の逃げは快調で、田中が最終バックから捲り上げたが、この時点では単独になっていた清水がブロック。そして4コーナーに迎えたところで、番手勝負はまだ終わってないとばかりに、一旦下がっていた諸橋が清水を掬って取鳥の後位を確保。これで大混戦の直線勝負となったが、田中不発で内に進路を取っていた山中が狭い取鳥と諸橋の間を強引に割って、あっという間に先頭に踊り出てそのままゴール。山中が嬉しい記念初優勝を地元で達成することになった。2着は吉田の仕掛けに乗った村上、3着は諸橋が入線した。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190414220307