最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

宇都宮記念決勝を振り返って

2019/05/19 22:10

1番車の長島大介─神山拓弥がスタートを決めて前団を占め、村上義弘─菅田壱道の単騎勢が続き、渡辺雄太─近藤隆司─小埜正義─勝瀬卓也の南関勢が後ろ攻めとなり、浅井康太は最後方からとなった。レースは赤板から早くも動き出し、渡辺が上昇を始め、赤板過ぎで長島が番手に飛び付く態勢に入る。鐘からは長島─神山と近藤─小埜による激しいマーク争い。この勝負は最終2コーナーで長島─神山に軍配が上がったが、それを見極めた浅井が捲り上げて、最終バックでは前団を飲み込む感じになる。3コーナー過ぎに浅井が先頭に立ち、このまま押し切れればよかったが、村上─菅田が追いかけてくる。そして直線半ばで村上が浅井を捉え、村上が一昨年10月の松戸以来久し振りの記念優勝を果たした。2着は菅田、3着は浅井が入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190519221034