最新のコメント
最新のトラックバック

向日町記念特選展望

2019/09/25 21:32

菅田壱道─佐藤慎太郎の北日本、郡司浩平─田中晴基の南関、松浦悠士─岩津裕介の中国、そして単騎で戦う木暮安由、村上義弘、井上昌己による超コマ切れ戦。バック本数が一番多いのは松浦だが、押さえて駆けるタイプではない。菅田、郡司もそうだけに、結局、最終ホームからうまくカマすことができたラインが勝利に近づける。レースの組み立てのうまさを買って松浦─岩津に期待したが、連覇中の勢いを重視すれば、郡司にも十分チャンスはありそう。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190925213207


岐阜記念決勝を振り返って

2019/09/25 01:04

スタートを桑原大志が取りに行き、正攻法は太田竜馬─桑原になり、浅井康太─志智俊夫─金子貴志─南修二─畑段嵐士が続き、小松崎大地─佐々木雄一は後ろ攻めとなった。赤板前から小松崎が上昇して、太田を押さえ、まず先手を取ったが、小松崎は全くピッチを上げなかったため、一旦8番手まで下がった太田が鐘の音と同時にスパートを始め、鐘の4コーナーで先頭に立つ。これで隊列は太田─桑原─小松崎─佐々木─南─畑段─浅井─志智─金子になる。南が追い上げて、4番手を取ったが、浅井はそれでも7番手という苦しい位置。最終バックから懸命に捲り上げたが、太田のカカリ良く、小松崎のヨコに並びかけるまでが精一杯。結局太田が見事逃げ切って、7月小松島以来の記念制覇となった。マーク桑原が2着。浅井に乗った志智が大外を伸びて3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20190925010437