最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

宇都宮記念準決展望

2020/05/22 21:51

10レース
蕗沢鴻太郎─吉沢純平─芦沢辰弘の関東、浅井康太─北野武史の中部、小川真太郎─中川誠一郎─松岡貴久の西日本、単騎で戦う堀内俊介による四分戦。関東がこの布陣なら蕗沢が思い切って逃げるはず。吉沢が二段駆け含みで抜け出し、芦沢との一騎討ちを目論むが、浅井の捲り追い込みが飛んでくるのは必至。ゴール前は吉沢─芦沢、浅井によるともえ戦になりそう。

11レース
坂井洋─長島大介─稲村成浩の関東、渡辺雄太─鈴木裕の南関、小森貴大─金子貴志の中近、松浦悠士─渡部哲男の中四国による四分戦。地元の坂井はある程度勝ちにいく組み立てをしそうで、ここは小森が逃がされることになりそう。捲り合戦になるとみて、実力上位の松浦に期待したが、ラインの長さを生かせば、坂井─長島で決する場面は十分。

12レース
嵯峨昇喜郎─大槻寛徳の北日本、平原康多─神山拓弥─江連和洋の関東、根田空史─岡村潤の南関、野原雅也─稲川翔の近畿による四分戦。嵯峨、根田、野原の誰が逃げるか読み辛いが、一番若い嵯峨が最終主導権を握りそう。これをうまく立ち回った平原が捲って、神山との一戦に持ち込むとみた。穴は当所のGIで優勝経験がある稲川が野原の仕掛けに乗って抜け出すケース。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20200522215152