最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

岐阜記念決勝を振り返って

2020/09/13 22:37

後ろ攻めになっていた鈴木竜士─和田圭が残り二周半から上昇を始め、赤板でインを斬って、郡司浩平の出方を待つ。そして鐘前から発進した郡司の番手飛び付きを敢行し、鐘は郡司の後ろで鈴木と和田健太郎、和田圭と浅井康太で競り合いとなる。これで郡司はピッチを落としたため、鐘の4コーナーから松浦悠士─荒井崇博がカマシ先行に出る。松浦─荒井で最終主導権を取ったものの、郡司は難なく3番手を確保。最終バックから豪快に仕掛けて、あっさり前団を捉え、郡司が今年3度目の記念制覇を達成した。松浦が2着に逃げ粘り、一旦郡司から離れた和田健がしぶとく内を突いて3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20200913223710