最新のコメント
最新のトラックバック

火の国杯争奪戦in久留米決勝を振り返って

2020/10/05 00:53

赤板前から郡司浩平─東龍之介─佐藤雅春が上昇を始め、三谷竜生─山口泰生を押さえたが、松川高大─中本匠栄がインを斬って、鐘前から発進した清水裕友─松本貴治が先行態勢に入る。しかし一旦引いた松川が内を掬って、清水後位で粘ったタイミングで三谷がスパートを開始する。最終バックで清水と三谷が並びかけたところで今度は郡司が仕掛けて、単騎で前団に襲いかかる。結局4コーナーで捉え切った郡司が直線で後続を離してゴール。今年4度目の記念制覇を達成した。切り替えるかたちになった中本が2着。松川を捌いた松本が3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20201005005345