最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

大宮記念決勝を振り返って

2021/01/17 23:06

正攻法は森田優弥─平原康多─佐藤慎太郎で、清水裕友─合志正臣─岩本俊介─東龍之介が続き、鈴木庸之─河野通孝が後ろ攻めとなった。隊列は鐘前までこのままで、鈴木がまずインを斬って、更に鐘4コーナーで岩本が叩いたのに合わせて、森田がカマシ先行を敢行。これに対して反撃に出れたのは清水だけで、2コーナーから仕掛けて、平原に並びかけたが、3コーナーから平原が満を辞して番手捲り。清水も外で頑張ったが、佐藤がダメ押しでブロックして失速。これで万全の態勢になった平原が1着ゴール。立川に続く記念連覇となった。佐藤が2着で、この両者を追いかけるかたちになっていた鈴木が3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20210117230607