最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

松山記念決勝を振り返って

2021/01/24 22:50

正攻法は郡司浩平─東口善朋で、松浦悠士─坂口晃輔─渡辺一成が続き、島川将貴─松本貴治─橋本強─渡部哲男は後ろ攻めとなった。赤板で松浦が郡司を叩いていこうとしたが、郡司が突っ張って応戦。そしてこのタイミングで島川がカマシ先行を敢行。鐘で4人が完全に出切り、最終ホームは5番手以下を大差千切る感じになる。最終バック手前で松本が番手捲りを打って、もう郡司、松浦は無抵抗。渡辺が唯一懸命に捲り上げたが及ばず、松本が嬉しい記念初優勝を成し遂げた。橋本─渡部が2、3着で続き、地元愛媛勢でワンツースリーとなった。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20210124225054