最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

小田原記念決勝を振り返って

2021/08/29 22:00

正攻法に松井宏佑─田中晴基が入り、守沢太志─佐藤友和はまずこの後ろに位置し、清水裕友─柏野智典が中団に確保。そして佐々木豪─久米良、石塚輪太郎が後ろ攻めとなった。残り三周から早くも佐々木が上昇を始めて、残り二周半で先導誘導員を交わして、先行態勢に入ったが、5番手になっていた清水がこの位置に甘んじず、佐々木を叩きに行って、鐘で先頭に踊り出る。ただペースがニュートラルだったので、松井のカマシごろとなり、鐘の3コーナーで仕掛けた松井が最終ホームで清水を叩き切る。短走路でこの展開ならもう勝負あり。松井が残り一周を危なげなく逃げ切り、2年振りの記念制覇を達成した。2着はピッタリ続いた田中。3着はバックから捲り追い込んだ守沢が入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20210829220039