最新のコメント
最新のトラックバック

弥彦寛仁親王牌準決展望

2021/10/22 23:22

10レース
新田祐大─菅田壱道の北日本、吉田拓矢─木暮安由の関東、浅井康太─坂口晃輔の三重、清水裕友─原田研太朗─高原仁志の中四国による四分戦。各ラインの先頭は捲りに本領を示すタイプ。誰が逃げるか読み辛いが、共同通信社杯の様に新田が手堅く先行策に出るのか。ローズカップのデキなら新田が菅田を連れて逃走劇を演じるとみたが、2日間ことごとく先行選手が沈む開催。溜めて回る吉田が強襲する可能性も十分。

11レース
新山響平─大槻寛徳の北日本、郡司浩平─和田健太郎の南関、古性優作─東口善朋の近畿、中川誠一郎─山田庸平の九州、単騎で戦う雨谷一樹によるコマ切れ戦。連日同様、新山が思い切って逃げそう。そして郡司と古性で好位を巡る争いが繰り広げられるが、古性の車の出が悪く、郡司の方が思い通りの運びができそう。好位確保から郡司が捲りを決めるとみたい。郡司と古性の戦いが拗れると、中川の大捲りが決まるか。

12レース
渡辺一成─伏見俊昭の福島、平原康多─諸橋愛の関東、野原雅也─村上義弘─村田雅一の近畿、太田竜馬─松浦悠士の中四国による四分戦。後ろに村上が付けば野原が思い切って逃げることになるのか。そして捲り合戦になるのだが、渡辺や平原より太田の方が連日好タイムで、一撃を決める確率が高そう。太田─松浦の一戦に期待したい。怖いのは平原が男気を出した時に諸橋が浮上するパターン。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20211022232251