最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

松山記念決勝を振り返って

2021/12/05 22:51

新田祐大─大森慶一が正攻法に入り、松谷秀幸─松本貴治─橋本強─渡部哲男が続き、山田庸平─香川雄介─稲垣裕之は後方からの組み立てとなった。型通り赤板前から山田が上昇を始めて、それに呼応した松本が新田にフタをして、発進の機をうかがう。しばらくスローピッチが続いたが、鐘を過ぎたところで松本が意を決して先行態勢に入る。松本─橋本─渡部、切り替えた松谷が出切り、最終ホームでは新田のポジションは6番手になる。そして2コーナー手前から新田が仕掛けたが、山田にまず一発をもらい、橋本に並びかけたところで更にもう一発をもらう。これで新田はいつものキレを欠く。結局、新田をブロックしながらも余力を残した橋本が抜け出し優勝。悲願の記念初制覇を地元バンクで達成した。2着は辛くもという感じで新田。逃げ粘った松本が3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20211205225140