KAMASHI-KAMASARE
最新の記事
カレンダー
  < 2007/01 >  
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新のコメント

川崎・川崎記念予想

2007/01/30 23:01

今年初のGI戦。バッチリ当てたいところです。
メンバーみたら一騎打ちムード。指数からも仕方ないところか。

◎ 5 アジュディミツオー(88)
かしわ記念92、帝王賞91、昨年の川崎記念89の指数は断然。前走が76。今回強力な逃げ馬もいないため単騎見込めるか。
○ 7 ヴァーミリアン(86)
前走圧勝で85の指数。90越えがなかなかできないことから、このあたりの指数が限界かも。今回距離が短くなり若干不利に働くか。
△ 12 シャーベットトーン(78)
条件勝ちからOPG3で3着と上り調子。昨年からのダート戦傾向から、既勢力陰りが見えているので、この上り調子の指数なら食い込める余地あり。
△ 10 ボンネビルレコード(78)
ここ2戦のG1でレベルの把握ができた。脚質的に展開に恵まれてだが、アジュディを潰しに行って逆つぶれて差してくるパターンはあり。
△ 13 ドンクール(75)
常連ではあるが、連に絡めるほどの力は持ち合わせていない。3着圏内が妥当か。
△ 14 パーソナルラッシュ(75)
地方転厩初戦。前走の敗因を距離としたら、この延長は吉。2〜4戦前は75前後の指数を出しており、決して見劣らない。

後は消しだが、コメントを少し
1 オウシュウクラウン
6 テンショウボス
岩手勢は成績だけなら見劣らないが、戦っている相手が中央500〜900万程度。指数60が精一杯。
2 レマーズガール(70)
どうも弱い相手だと指数が高く、メンバー揃うと低くなる傾向が?ここ最高指数が75で圏内ではあるが、人気ほどには魅力無い。
3 チョウサンタイガー(62)
川崎12勝は魅力だが、二走前が案外。
4 ビービートルネード(65)
前走前哨戦を勝利したが、2,3走前の交流戦内容、指数とも見劣る。
8 ジルハー(67)
JBCマイルの指数69から伸ばせば入着までありそうだが、4番との勝負付けが前走ついたか。
9 ゲットゥザサミット(58)
これも前走4番とのタイム差からこの指数がいいところか。
11 ゴールデンイースト(−)
この成績からでは買えない

さて、買い方だが、5の1着、7の2着固定で3着4点流し3連単が勝負目。
この2,3着折り返しはオッズしだい。5と7の折り返しは買わない。

カテゴリ:地方競馬

この記事に対するコメント

1.James Mondoより(2007/01/31 22:55)

レース見ましたが、アジュディもう終わったかもしれませんね。
あまりの完敗に絶句です。

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/mondo/20070130230119

この記事へのトラックバック

1.ボルジャノン厩舎より(2007/01/30 23:12)

川崎記念 本命はヴァーミリアン。かたいんじゃないかなあ。バーミヤンの定番メニューといったら、かたやきそば(海鮮皿うどん?)だもんね? いや、そうじゃなくて… ◎ヴァーミリアン ○アジュディミツオー ▲ビービートルネード 3連単 F&#...

2.Trot ~こにたんのベイスターズ応援記とブログ競馬新聞~より(2007/01/30 23:16)

ブログ競馬新聞Trot 第56回川崎記念本紙予想 ◎5アジュディミツオー ○14パーソナルラッシュ ▲7ヴァーミリアン △12シャーベットトーン ×4ビービートルネード

3.AUとか馬ブログより(2007/01/30 23:43)

・川崎記念 ◎アジュディミツオー ○ヴァーミリアン ▲シャーベットトーン △ビービートルネード ×パーソナルラッシュ本年1発目G1はどちらを頭にするか迷ったのですが…ここは負けて欲しくない方に!前走状態悪し。久々叩いて巻き返し至当! 買い目 ◎→○→▲△× ◎→...

4.tom5412@eBetより(2007/01/31 00:50)

2007年1月31日(水)  川崎競馬場 第10競走  ダート 2100m(左)16:00発走 農林水産大臣賞典 第56回 川崎記念 [指定交流]GI4上 オープン選定馬 (サラブレッド系 4歳以上 定量) 賞金  1着60,000,000円  2着21,000,000円  3着12,00...

5.ちゃんす!より(2007/01/31 01:32)

・展望 毎年恒例、年明け最初のG1レース。東京大賞典の上位に入ったJRA勢がごっそり回避で、早くも雰囲気は一騎打ち。 まずは連覇を狙う船橋アジュディミツオー。昨年は引っ掛かりながらシーキングザダイヤ・タイムパラドックスといった強敵を退けてのタイレコード。ま ...

6.本間甲斐奈のサラブレッドの心より(2007/01/31 14:28)

強力なJRA勢が何頭も出てきているわけではなく、南関東勢にもチャンスがありそうな今回ですが、ヴァーミリアンはやはりダートの2000M超では安定している。 芝で2歳時に出世レースのラジオたんぱ杯2歳Sを制していますが、浦和記念、ダイオライト記念、そして前走の名古屋...