最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック

天皇賞春予想

2020/05/02 21:04

天皇賞春。
次の春天は2023年・・・・・
ひょっとしたら距離が変わってしまうかもしれません。
この条件で行われる最後になるかもしれません。
京都人として、天皇賞と菊花賞は別格なんです。
この条件だけは絶対に変えてほしくない。
でも今年のメンバーを見ると・・・・・
変えられても仕方ないのかもしれませんがね。

1.モズベッロ
ここにきての上昇度は一番。
日経新春杯が斤量差があったにせよ完勝。
ですがこの馬ほぼ人気通りの着順なので掲示板が精一杯かもしれません。

2.エタリオウ
去年の4着馬でユーキャンスマイルにも先着してるんですがね。
その後馬に走る気が感じられないし、この鞍上変りもどうか。

3.トーセンカンビーナ
出遅れてもこの枠ならインぴったりを回ってこられる。
それで直線勝負に徹すれば、最後絶対に伸びるはず。

4.ダンビュライト
去勢明けでいきなり天皇賞ってなめられたものですね。
この馬がもし馬券圏内に入ったら、今後一切馬券は買いません。

5.ミッキースワロー
この馬の勝鞍は小回りの中山と福島のみで一瞬しか脚を使えない。
ここもそれなりに来るとは思いますが、頭ではないでょう。

6.スティッフィリオ
わが元POG馬。
前走の競馬がここに向けてプラスになるはず。
重賞3勝はここではトップタイなんですがね。
最近ついていない鞍上が一発やってくれないかね。

7.ユーキャンスマイル
前走だけで右回り克服したとは思えない。
インピッタリを回ってきて、直線前が勝手に開いたところを抜けてきただけで。
今回走れば本物ですが、やはり鞍上変りは大幅割引。

8.キセキ
前走大出遅れで暴走したにも関わらず0.6秒差ってとんでもない。
今回は前走ほどの出遅れさえなければ普通の競馬ができるはず。
それでもし普通にスタート切れば逃げ切りまで有り得る。

9.ミライヘノツバサ
先週・今週と調教の動きは抜群。
それでけで買う価値はありますね。
あとは鞍上ですね。
京都の芝経験が1200しかないですからね。

10.メロディーレーン
菊花賞の時より絶対に競馬しやすいはず。
あとは過去最高斤量の56キロですね。

11.メイショウテンゲン
これで5戦続けて3000m以上。
たぶんそういう馬って来てないはず。
それに何と言ってもデビル古谷が本命です。

12.シルヴァンシャー
素質はあるかもしれませんが、このレベルで休み明けでいきなり天皇賞はありえない。

13.ハッピーグリン
さすがに距離が長い。

14.フィエールマン
年明け初戦が天皇賞ってね。
本来ならそれだけで消しなんですが、今年はメンバーがねえ。
それでも不安はあります。
鞍上も言っていたこの大外枠です。
スタートでポンって出てしまうと抑えられないかもしれません。
それが先週の調教に出ていたのでそれだけですね。


◎フィエールマン
○キセキ
△トーセンカンビーナ
△ミッキースワロー
△ユーキャンスマイル
△スティッフィリオ
△ミライヘノツバサ
△メロディーレーン

馬券買うなら◎○を1着固定の3連単ですかね。

カテゴリ:予想

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/say-jey/20200502210404