競艇 > チップス > スペシャル > 賞金王決定戦特集 > GO
Big race
競馬
競艇
オートレース
New member
賞金王決定戦特集 Vol.1 「過去の傾向を知る」
賞金王決定戦特集 Vol.1 「過去の傾向を知る」
     
 いよいよ艇界暮れの大一番、賞金王決定戦が開催される。
 今回で第20回を迎え、例年同様住之江競艇場で激戦が繰り広げられる。果たして優勝賞金1億円を手にするのは!?

賞金王開催日程
 賞金王決定戦競走
  2005年12月20日(火)〜12月23日(金) 住之江競艇場

 賞金王シリーズ戦競走
  2005年12月18日(日)〜12月23日(金) 住之江競艇場


 このコンテンツでは、これから3回に渡り特集を組み、様々な角度から賞金王を攻略する。

 その第1回目は、
@過去の傾向を知る
賞金王決定戦出場選手
No 選手名 獲得賞金
1 植木 通彦 140,346,000
2 山崎 智也 133,747,100
3 濱野谷憲吾 130,330,000
4 江口 晃生 121,872,000
5 太田 和美 120,748,000
6 菊地 孝平 112,434,000
7 仲口 博崇 104,413,000
8 笠原  亮 103,846,000
9 上瀧 和則 103,709,000
10 山本 浩次 103,533,000
11 辻  栄蔵 83,894,800
12 瓜生 正義 79,041,000
     
賞金王優勝者一覧
優勝者 年度
1 彦坂 郁雄 @ 1986
2 安岐 真人 @ 1987
3 野中 和夫 @ 1988
4 福永 達夫 @ 1989
5 高山 秀則 @ 1990
6 松田 雅文 @ 1991
7 野中 和夫 A 1992
8 野中 和夫 B 1993
9 中道 善博 @ 1994
優勝者 年度
10 植木 通彦 @ 1995
11 植木 通彦 A 1996
12 服部 幸男 @ 1997
13 太田 和美 @ 1998
14 松井  繁 @ 1999
15 市川 哲也 @ 2000
16 田中信一郎 @ 2001
17 植木 通彦 B 2002
18 田中信一郎 A 2003
19 田中信一郎 B 2004
植木通彦、賞金王最多勝記録更新なるか

 今回の出場メンバーの中で、既に賞金王の座についているのは2選手。植木通彦と太田和美だ。もし、植木通彦が優勝すれば、賞金王4勝目となり、野中和夫、田中信一郎とのタイ3勝を抜いて、賞金王最多勝レコードを更新することになる。
     
優勝チャンスはどの選手にも

 今回の賞金ランキング1位通過は「艇王」植木通彦だが、1997年(第12回)以降のデータを見てみると、賞金ランキング1位通過での優勝は、2002年(第17回)の植木本人ただ1人。
 昨年は12位通過の田中信一郎が優勝しており、賞金ランキングは1位から12位まで、どの選手にもチャンスはありそうだ。
賞金ランキング通過順位
優勝者 順位 年度
12 服部 幸男 3 1997
13 太田 和美 7 1998
14 松井  繁 2 1999
15 市川 哲也 7 2000
16 田中信一郎 9 2001
17 植木 通彦 1 2002
18 田中信一郎 3 2003
19 田中信一郎 12 2004
ちょっとコラム
 賞金1億円(第1回は3000万円)がかかった優勝戦では、スタートも相当シビアになりそうだが、過去にスタート事故が発生したのは、山崎智也によるフライング1度だけ。(2001年 第16回 住之江)
 スタート事故に対する罰則も次第に厳しくなり、選手は慎重に、かつ誰よりも速くという非常に過酷な状況を打破しなければならない…見ている側も1年で最高に緊張する一瞬となる。
     
優勝者出身一覧
優勝者 出身
1 彦坂 郁雄 千葉 住之
2 安岐 真人 香川 住之
3 野中 和夫 大阪 住之
4 福永 達夫 山口 住之
5 高山 秀則 宮崎 住之
6 松田 雅文 福岡 平和
7 野中 和夫 大阪 住之
8 野中 和夫 大阪 住之
9 中道 善博 徳島 住之
優勝者 出身
10 植木 通彦 福岡 住之
11 植木 通彦 福岡 戸田
12 服部 幸男 静岡 住之
13 太田 和美 大阪 住之
14 松井  繁 大阪 住之
15 市川 哲也 広島 平和
16 田中信一郎 大阪 住之
17 植木 通彦 福岡 住之
18 田中信一郎 大阪 住之
19 田中信一郎 大阪 住之
地元大阪勢が圧倒的

 賞金王は過去19回開催されているが、住之江だけで16回の開催がある。当然、地元大阪勢が有利なのには違いないが、大阪出身選手の優勝回数が8回と群を抜いている。次いで福岡の4回(うち植木通彦3回)で、他場は各1回ずつとなっている。
 今回、地元大阪の選手は太田和美ただ1人(出身は奈良に変わっている)。調子も上向いており、優勝候補の1人に挙げたい。
     
3号艇は外せない!?

 艇番の出目を調べてみると、1着回数の最も多いのは、3号艇で5回。逆に最も少ないのは、6号艇で1回となっている。また、2着回数の最も多いのは、3、4号艇で5回。少ないのは、2、5、6号艇で2回となっている。さらに3着回数の最も多いのは、3、6号艇で5回。少ないのは、1、4、5号艇で2回となっている。3号艇は、1着から3着まで全てにおいて最高の出目となっており、3連単では外せない枠だ。
艇番出目一覧
優勝者 1着 2着 3着
1 彦坂 郁雄 3 1 6
2 安岐 真人 4 6 2
3 野中 和夫 5 4 1
4 福永 達夫 1 4 5
5 高山 秀則 1 5 3
6 松田 雅文 2 1 3
7 野中 和夫 3 2 4
8 野中 和夫 5 4 3
9 中道 善博 4 2 3
優勝者 1着 2着 3着
10 植木 通彦 5 1 3
11 植木 通彦 4 3 6
12 服部 幸男 5 4 1
13 太田 和美 3 5 6
14 松井  繁 2 3 6
15 市川 哲也 3 6 5
16 田中信一郎 1 3 2
17 植木 通彦 3 4 6
18 田中信一郎 1 3 2
19 田中信一郎 6 3 4
     
コース出目一覧
優勝者 1着 2着 3着
1 彦坂 郁雄 2 1 3
2 安岐 真人 1 2 6
3 野中 和夫 4 5 3
4 福永 達夫 4 6 5
5 高山 秀則 1 5 3
6 松田 雅文 2 1 4
7 野中 和夫 1 6 5
8 野中 和夫 3 4 1
9 中道 善博 3 4 5
優勝者 1着 2着 3着
10 植木 通彦 2 1 4
11 植木 通彦 4 6 2
12 服部 幸男 6 3 2
13 太田 和美 5 6 3
14 松井  繁 2 5 3
15 市川 哲也 3 4 6
16 田中信一郎 1 3 2
17 植木 通彦 4 5 6
18 田中信一郎 1 3 2
19 田中信一郎 6 4 5
アウトは分が悪い

 次にコースの出目も調べてみた。1着回数の多いのは、1コースで5回。少ないのは、5コースで1回。2着回数の多いのは、4、5、6コースで4回。少ないのは、2コースで1回。3着回数の多いのは、3コースで5回。少ないのは、1コースで1回となっている。アウトコースからの優勝は難しそうだが、2着は十分ありえる。
     
インの過信は禁物

 1コースからの1着が最も多いので、決まり手はイン逃げが多そうだが、実はそうではない。まくり、差しが共に6回で最も多い決まり手となっている。次に逃げの4回で、恵まれはゼロ、他の決まり手が各1回となっている。このことから、インが絶対的に強い訳ではないということを強調しておきたい。
決まり手一覧
優勝者 決まり手
1 彦坂 郁雄 差し
2 安岐 真人 逃げ
3 野中 和夫 まくり
4 福永 達夫 差し
5 高山 秀則 逃げ
6 松田 雅文 差し
7 野中 和夫 2M差し
8 野中 和夫 まくり
9 中道 善博 2M差し
優勝者 決まり手
10 植木 通彦 3周1M差し
11 植木 通彦 つけまい
12 服部 幸男 まくり差し
13 太田 和美 まくり
14 松井  繁 まくり
15 市川 哲也 まくり
16 田中信一郎 逃げ
17 植木 通彦 まくり
18 田中信一郎 逃げ
19 田中信一郎 抜き
     
払戻金一覧
2連単 人気 3連単 人気
1 1350 7    
2 2030 9    
3 470 1    
4 6100 28    
5 3830 28    
6 7490 30    
7 800 3    
8 1380 6    
9 2380 13    
2連単 人気 3連単 人気
10 1280 2    
11 1890 10    
12 9720 29    
13 3580 24    
14 1280 5    
15 2360 12 10850 58
16 690 2 1840 2
17 1750 9 12450 51
18 790 3 2680 8
19 12370 30 51870 117
高配当に期待も

 最後に配当について。過去に2連単1番人気で決まったレースは、1988年第3回の1度だけ(470円)。3連単は第15回から発売されているが、2番人気の1840円が最低配当となっている。逆に最高配当は、昨年第19回で、2連単30番(最低)人気の12370円、3連単117番人気の51870円となっている。
 2連単の平均配当は3239円と比較的高く、大穴を狙ってみるのもおもしろい。
     
まとめ
     
  賞金王決定戦 優勝戦履歴 Vol.2