競艇 > チップス > スペシャル > 賞金王決定戦特集 > GO
Big race
競馬
競艇
競輪
New member
賞金王決定戦特集 Vol.3 「選手を知る」
賞金王決定戦特集 Vol.3 「選手を知る」
     
 これまで2回に渡り続けてきた賞金王決定戦特集も、今回でいよいよ最終回となる。最後はやはり、このレースの主役である”選手”について徹底検証する。

B選手を知る

 選手を知るためには、過去の統計を知る必要がある。そこで今回は、2004年12月12日から2005年12月11日まで過去1年間の出走レースを対象に、各種統計を取ってみた。以下の記事はそのデータを参考にしているので、ご注意願いたい。
 なお、最新の統計データについては、各選手情報ページにて参照できるので、合わせてご覧いただきたい。

 ※選手統計情報では、選手単位での集計になり、対象データ件数が少なくなってしまうため、統計データに偏りが生じる可能性があります。そのため、集計年度によって誤差は多少なりともあるはずですので、その点を十分ご承知置きください。
賞金王決定戦出場選手
No 選手名 獲得賞金
1 植木 通彦 140,346,000
2 山崎 智也 133,747,100
3 濱野谷憲吾 130,330,000
4 江口 晃生 121,872,000
5 太田 和美 120,748,000
6 菊地 孝平 112,434,000
7 仲口 博崇 104,413,000
8 笠原  亮 103,846,000
9 上瀧 和則 103,709,000
10 山本 浩次 103,533,000
11 辻  栄蔵 83,894,800
12 瓜生 正義 79,041,000
     
 3285 植木 通彦    
 SG1勝、GT2勝、一般2勝。
 6月のGTダイヤモンドカップ以降、優勝から遠ざかっているが、それでも準優にはほぼ確実にコマを進めている。
 コース取りは1枠なら100%主張。4枠外から動きを見せる。1コースからの1着率は72%と相当な信頼を置ける。また4コースからの1着率は41.9%と狙えるコースだ。逆に6コースからの1着はない。
大舞台に強い
 グレード別では、GTよりもSGの方が1着率が高く、大舞台に強いのはさすが。
 レース種別では、準優突破率は7割を超えるが、優勝は3割とやや劣る。また準優・優勝共に2着が少ないのも特徴。
初日から安定
 日目別では、初日から安定した好成績を収めている。
 決まり手は、逃げが断トツに多く、次いでまくりとなっている。
 天候別では、晴れや曇りの方が強く、雨や雪は少し劣るようだ。
冬場は要注意
 水温別では、10℃を下回ると1着率が半分程に落ち込む。冬場は要注意だ。
 波高5cm以上の荒れ水面は、1着率50%、2連対率72.5%とメッポウ強い。
 風向きは、どんな方向からでも自在にレースができる。
 ナイター(電投締切17:00以降)の1着率は48.9%と相当な強さだ。
 今回の集計でFはなかったのでF持ち時のデータはない。
住之江との相性は◯
 最後に住之江との相性だが、インコースからならアタマで、その他のコースなら2着までといったところ。ほぼ確実に3着まできているので、相性は◯だ。
  Michihiko Ueki 
     
 3622 山崎 智也  
 GT4勝、GV1勝、一般3勝。
目下、絶好調
 今年半ばから後半にかけて優勝が集中しており、目下絶好調。ぼぼ確実に準優へ進出し、優出率も極めて高い。
 コース取りは1枠ならインを死守し、入られても2枠まで。3枠外からならインへの動きが出てくる。1コースからの1着率は65%と信頼高く、2コース、3コースの内寄りで好成績を残している。アウトコースでも65%以上の確率で3連対しているので、どのコースからでも舟券対象になる。
 グレード別では、SGやGTでは1着率が落ちるが、GU以下であれば1着率が5割を超える。
準優、優勝勝負強い
 レース種別では、準優突破率は77%を超え、優勝戦でも44%で優勝していることから、非常に勝負強いと言える。
 日目別では、初日は見劣るが、2日目以降から安定した好成績を残している。
 決まり手は逃げが多く、次いでまくり。
 天候に左右されることはない。
 水温は、10℃を下回る時に1着率48%と極めて高い。冬場はアタマで狙いたい。
 荒れ水面でも1着率4割と好成績だ。
 風向きは、右横風の時に1着率5割を超え、追い風で4割を超える。
 ナイターでも特に問題はない。
 F持ちの時は、STは多少遅れるが、着順はそれほど悪くない。
住之江は苦手かも
 最後に住之江との相性だが、全体的に平均よりやや劣り、苦手なのかもしれない。
  Tomoya Yamazaki 
     
 3590 濱野谷 憲吾  
 GT4勝、一般2勝。
好調も、F持ち
 今年後半にかけて優勝が多くなっており、好調キープか。ここ10節で準優進出は6回とかなりの確率だが、失格が多いのにも目がつく。またFも1本持ってしまった。
 コース取りは、基本的に枠なり進入となっており、2から4枠では外への動きが多い。1コースからの1着率は56%と高いが、2コースからの1着率も42.9%とかなりの好成績だ。また、3コースから外でも1着率は全体的に高く、どのコースからでも期待が持てる。
 グレード別では、SGはGTに比べてやや見劣りする。
 レース種別では、準優突破率は58%を超え、優勝戦での1着率も35%と高い。
 日目別では、初日から安定した成績を残しているが、6日目は優勝戦でなければ狙い辛いか。
決まり手は自在
 決まり手は、逃げが最も多いが、差がなく抜き、差し、まくり差しと続く。
 天候では、晴天時よりも曇りや雨の方が強い。
 水温別では、18.0℃から24.9℃の時に1着率が約5割と高いが、低温でも問題はない。
 荒れ水面は、通常よりも少し見劣る程度。
 風向きは、無風か向い風の時が好調だ。
 ナイターは、1着率45.2%とかなりの好成績を残している。
F持ちで、スタートは
 F持ち時は、STが全体的に落ちるが、特にアウトが落ちる様子。着順は悪くないといったところ。
住之江の3連率は高い
 最後に住之江との相性だが、どのコースからでも3連率が高く、得意水面だと言える。
  Kengo Hamanoya  
     
 3159 江口 晃生  
 SG1勝、一般1勝。
 夏から優勝は遠ざかっているが、準優進出率は高い。
 コース取りは、1枠なら100%主張。3枠外からインへの動きを見せる。1コースからの1着率が41%、2コースからの1着率が30%と内寄りが買い時。アウト5、6コースからの1着はない。
SGで好成績
 グレード別では、GTよりもSGの方がはるかに成績が良い。大舞台に強そうだ。
 レース種別では、準優突破率は5割。優勝戦での1着率は2割だが、2連対率は5割と高めだ。
2日目、4日目が狙い
 日目別では、2日目、4日目が狙い目となっている。
 決まり手は、逃げが最も多いが、差し、まくりもそこそこ。
 天候別では、晴天の方が多少は好調のようだ。
 水温別では、低温時、高温時に成績が良いので、冬場と夏場が狙い目か。
 荒れ水面も好成績を残している。
 風向きは、右横風の時が1着率31.6%と高い。無風時は劣る。
 ナイターは、1着率31%と好成績を残している。
 今回の集計でFはなかったのでF持ち時のデータはない。
住之江とは好相性
 最後に住之江との相性だが、6着はゼロ回で、全コース共に3連対率は高い。好相性と言えよう。
  Akio Eguchi  
     
 3557 太田 和美  
 SG2勝、GT2勝、一般1勝。
秋から冬にかけて好調
 10月にGT、SGを優勝。秋から冬にかけて優勝がまとまっている。準優進出率も高い。
インコースの信頼度◎
 コース取りは、1枠は100%主張。4枠外から動きを見せる。1コースからの1着率は87%と絶対的な信頼を置ける。5コースからの1着率は劣る。
 グレード別では、GTよりもSGの方がやや劣る。
 レース種別では、準優突破率は45%を超え、優勝戦での1着率も45%を超える。相当な勝負強さだ。
 日目別では、初日よりも2日目以降に安定した好成績を残している。
 決まり手は、逃げが断トツに多く、次いで差しとなっている。
雨が狙い目
 天候別では、雨の時に1着率が5割を超えており、雨ならアタマで狙いたい。
 水温別では、10℃を下回るときに、1着率39.2%と高い成績を残している。
 荒れ水面も特に問題ナシ。
 風向き別では、無風時が1着率45%と高い。
 ナイターでも特に変わりはない。
 今回の集計でFはなかったのでF持ち時のデータはない。
地元住之江、相性◎
 最後に住之江との相性だが、1コースからの1着率は100%。唯一5コースからの1着がない。やはり地元、相性は超抜だ。
  Kazumi Oota  
     
 3960 菊地 孝平  
 SG1勝、GT1勝、一般1勝。
勢いに乗る若手だがF
 9月のSG、MB記念で初優出、初優勝を遂げた静岡三羽ガラスの一人。準優進出率も高い。だがFを一本持ってしまった。
 コース取りは、1枠ならインを主張し、入られても2コースまで。4枠外から動きを見せる。
 1コースからの1着率は66%と高く、3、4コースからの1着率も3割を超える。5コースからは見劣る。
 グレード別では、SGになると少し見劣ってしまう。
 レース種別では、準優突破率は4割、優勝率は3割を超える。優勝戦では2連対率が5割を超えている。
2日目以降が狙い
 日目別では、初日は狙い辛く、2日目以降から力を発揮し、4日目(通常予選最終日)に最も成績が良い。
 決まり手は、逃げが最も多いが、まくりも多く決めている。恵まれ4回というのは運も味方につけていそう。
 天候にそれほど左右されることはない。
 水温別では、25度を超える高温時に1着率が43%と最も高いが、次いで10℃下の低温時になっており、低温でも特に問題ない。
 荒れ水面では、1着率44.8%と相当な好成績。
 風向き別では、追い風時が最も成績が良い。
 ナイターでも特に変わらず。
 F持ち別では、ST・着順共に多少落ちる程度。それほど問題はなさそう。
住之江は好成績
 最後に住之江との相性だが、全コース共に3連対率は高く、好相性だと言えそうだ。
  Kouhei Kikuchi  
     
 3554 仲口 博崇  
 GT2勝、GV1勝、一般2勝。
 夏から優勝は遠ざかっているが、ここ10節の準優進出率は6割。
4枠外なら大幅に動く
 コース取りは、1枠ならインを死守。4枠外から大幅な動きを見せている。1コースからの1着率は69%と高く、次いで2コースの31%。4コース、6コースからは見劣る。
 グレード別では、GTよりもSGの方が好成績を残している。
優勝戦は舟券対象
 レース種別では、準優突破率が5割を超え、準優では2着がないのが特徴。優勝戦での1着率は38%、3連対率は8割を軽く超える。優勝戦では舟券対象として外せないか。
 日目別では、初日からある程度安定した好成績を収めている。
 決まり手は、逃げが断トツに多い。次いで差し。
 天候には左右されない。
 水温別では、水温が低くなるにつれて好成績を残している。ただし高温でも悪くはない。
 荒れ水面では、1着率19%とあきらかに見劣る。
 風向き別では、左右の横風か無風時が好調。
 ナイターでは、少し1着率が上がっている。
 今回の集計でFはなかったのでF持ち時のデータはない。
住之江は好相性
 最後に住之江との相性だが、全コース共に3連対率は高く、好相性のようだ。
  Hirotaka Nakaguchi  
     
 4019 笠原 亮  
 SG1勝、GT2勝。
 3月の総理杯でSG初出場、初優勝の快挙を成し遂げた、今回最年少選手。ここ10節の優出率は2割と低い。
コース取りはアウトへ
 コース取りは、1枠からの1コースは82%と他の選手に比べ、見劣る。2枠外から外寄りに動くことが見受けられる。
 1コースからの1着率は36%と、やはり他の選手に比べると見劣るが、2から4コースまでの1着率は2割以上ある。
 グレード別では、GTよりもSGの方が多少劣る程度。
ここ1番に勝負強い
 レース種別では、準優突破率が38%となっているが、優勝戦1着率が60%と非常に高い。ここ1番の時に勝負強さを発揮するようだ。
 日目別では、初日からほぼ変わらず安定しているが、最終日に好成績を残している。
 決まり手は、逃げが最も多いが、ほとんど差がなく、まくり、まくり差し、差しと続いている。
 天候による影響はない。
 水温別では、10℃を下回る時に最も成績が悪くなっている。冬場は狙い辛いか。
 荒れ水面では、多少落ちる程度。
 風向き別では、左横風、追い風を得意としている。
 ナイターでは、1着率33%と好成績だ。
 今回の集計でFはなかったのでF持ち時のデータはない。
住之江は未知数
 最後に住之江との相性だが、残念ながら過去1年間住之江での出走はない。
  Ryou Kasahara  
     
 3307 上瀧 和則  
 SG1勝、GT1勝、一般1勝。
 最後のチャンス、競艇王CCを見事制し、賞金王にコマを進めた。ここ10節でも準優進出率は高い。
外枠でもインへ
 コース取りは、1枠ならインを死守。2枠外からインへ動き出す。特に5、6コースならまず動くと言っていい。1コースからの1着率は36%と他の選手に比べ見劣りするが、これは外枠から動きを見せた結果か。4コースからの1着率も35%と1コースと変わらない点にも注目。
 グレード別では、GTよりもSGの方が好成績を残しており、こちらも大舞台に強いタイプだ。
 レース種別では、準優突破率が5割を超え、2着は1回だけ。優勝戦では1着率が3割、2着率も2割となっている。
初日から安定
 日目別では、初日から安定した成績を収めている。
 決まり手は、逃げが圧倒的に多いが、次いで抜きが多いのにも注目だ。
 天候に左右されることはない。
冬場はアタマ狙いで
 水温別では、10℃を下回る時に1着率4割と、最も高い成績を残しており、冬場にはアタマで狙いたい。
 荒れ水面でも特に変わりはない。
 風向きには特に左右されず、ある程度安定している。
 ナイターでの成績は、通常の1着率の半分になっており、不得意なのかもしれない。
 F持ち別では、STはそれ程遅くはならないが、3コースより外でのアタマ狙いは厳しそう。
住之江との相性は並
 最後に住之江との相性だが、5、6コースからのレースはなく、3連対はそこそこある。良くも悪くもなく、普通といったところか。
  Kazunori Jyoutaki  
     
 3558 山本 浩次  
 SG1勝、一般3勝。
優勝が遠のき、Fも
 夏場から優勝には遠ざかっている。ここ10節の準優進出率は6割。Fを1本持ってしまった。
 コース取りは、1枠なら1コースを死守。5枠外から動きを見せる。1コースからの1着率は60%と高い。3から5コースでの1着率も2割を超えている。
 グレード別では、GTよりもSGの方が好成績を残しており、大舞台タイプ。
 レース種別では、準優突破率47%、優勝率40%となっている。優勝戦での2連対率は6割だ。
 日目別では、初日から好成績を収め、最終日に最も良い成績を残している。
 決まり手は、逃げが最も多く、次いで、差し、まくり差し。
 天候には左右されない。
冬場に強い
 水温別では、10℃を下回る時に1着率42%と高く、冬場は特に狙える。
 荒れ水面での1着率は37.9%と非常に高い。
 風向き別では、無風時の成績が劣り、他の風向きは特に変わらない。
 ナイターでの成績は、通常時よりも少し劣る。
 F持ち別では、STが遅くなることはなく、1コースなら十分アタマで狙える。
住之江の相性は良い
 最後に住之江との相性だが、1コースからの1着率は80%、2着率は20%と2連対率100%。他のコースでも3連対率は高く、好相性のようだ。
  Kouji Yamamoto  
     
 3719 辻 栄蔵  
 一般3勝。
 ここ1年でのグレード勝ちはないが、準優突破率は高い。Fを1本持ってしまった。
1コースの信頼度高い
 コース取りは、1枠なら1コースをほぼ守り、入れても2コースまで。4枠外から動きを見せる。1コースからの1着率は63%と信頼が高く、2から5コースまでの1着率も2割を超えるので、どこからでも狙える。
 グレード別では、GTよりもSGの成績がやや劣る。
 レース種別では、準優突破率56%、優勝率25%となっている。優勝戦での2連対率は5割丁度。
2から4日目が狙い
 日目別では、初日よりも2日目から4日目にかけて好成績を残している。
 決まり手は、逃げが最も多いが、あまり差がなく、差しも多い。
 天候には左右されない。
 水温別では、10℃を下回る時に1着率が4割あり、冬場に強い。
 荒れ水面は、1着率が4割を超え、得意としている。
 風向きが特に問題とはならない。
 ナイターは、通常時よりもやや劣る。
Fあるが関係ナシ
 F持ち別では、STはむしろ速く、好成績を収めている。F持ちでも関係なく狙える。
住之江とはバッチリ
 最後に住之江との相性だが、どのコースからでも好成績を収めており、相性はバッチリだ。
  Eizou Tsuji  
     
 3783 瓜生 正義  
 一般2勝。
 ここ1年でのグレード勝ちはない。ほぼ確実に準優にコマを進めている。Fを1本持ってしまった。
1〜4コースまで狙える
 コース取りは、1枠ならインを死守。3枠外からアウトへの動きが見られる。6コースではそれほど動きがない。1コースからの1着率は62.9%と安定感は高く、さらに2から4コースまでの1着率が3割を超えている。
 グレード別では、GTもSGもそれほど差はない。
 レース種別では、準優突破率が57%だが、優勝率は14%とやや劣る。ただ優勝戦での3連対率は5割を超えている。
3、4日目が狙い時
 日目別では、3日目、4日目に好成績を残している。
 決まり手は、逃げが最も多いが、差がなく、まくりを決めている。
 天候別では、晴天時が好調のようだ。
 水温別では、水温が高めの方が好成績を収めている。
 荒れ水面は、1着率が4割を超え、得意としている。
 風向きによる影響はそれほどない。
 ナイターは、通常時よりも多少見劣る。
F持つが、狙える
 F持ち別では、STは速く、着順も良いので、逆に狙えるかもしれない。
住之江は大歓迎
 最後に住之江との相性だが、全体的に1着率が高く、3連対率は非常に高い。相性は抜群だ。
  Masayoshi Uryuu  
     

選手名
調
得意
コース
SG
1着率
優勝
日目 決手 得意
天候
水温
〜9.9
1着率
荒れ
水面
1着率
風向 ナイタ
1着率
F



植木 通彦 1,2,4 37.7 31.3 初日〜 逃げ 晴れ
曇り
21.2 50.0 自在 48.9
山崎 智也 1,2,3 19.2 44.4 2日目〜 逃げ
まくり
自在 48.0 40.0 右横
追い
34.7
濱野谷憲吾 自在 23.7 35.3 初日〜 自在 曇り
35.9 31.6 無風
向い
45.2
江口 晃生 1,2 22.4 20.0 2,4日目 逃げ
差し
まくり
晴れ 26.8 26.9 右横 31.0
太田 和美 1,2,3 24.6 45.5 2日目〜 逃げ 39.2 31.6 無風 29.2
菊地 孝平 1,2,3,4 11.1 33.3 2日目〜
特4日目
逃げ
まくり
自在 29.3 44.8 追い 28.6
仲口 博崇 1,2,3 29.3 38.5 初日〜 逃げ 自在 44.3 19.2 左右
無風
41.7
笠原  亮 1,2,3,4 17.5 60.0 初日〜
特最終日
自在 自在 10.3 15.2 左横
追い
33.3
上瀧 和則 1,4 25.9 30.0 初日〜 逃げ 自在 40.0 25.0 自在 13.6
山本 浩次 1,3,4,5 25.5 40.0 初日〜
特最終日
逃げ
差し
まくり
自在 42.1 37.9 自在 20.0
辻  栄蔵 1〜5 21.7 25.0 2〜4日目 逃げ
差し
自在 40.0 43.6 自在 27.8
瓜生 正義 1,2,3,4 21.5 14.3 3,4日目 逃げ
まくり
晴れ 24.0 41.9 自在 25.6
     
Vol.2 賞金王決定戦 優勝戦履歴