最新のコメント
最新のトラックバック

西武園記念決勝を振り返って

2021/04/18 21:15

1回目の発走と同じく、再発走でも町田太我─園田匠がスタート牽制ののち飛び出して正攻法に入り、村上義弘─高橋晋也─守沢太志─宿口陽一と続き、野口裕史─岡村潤─萩原孝之が後ろ攻めとなった。赤板前の野口の気配を察した高橋が町田を押さえ、誘導を切って、呼応する様に鐘前2コーナーから野口が先頭に立ち、鐘での隊列は野口─岡村─萩原─村上─高橋─守沢─宿口─町田─園田に変わる。8番手まで下がった町田が鐘の3コーナーから踏み上げたが、途中で守沢に振られたのもあり、中団あたりであっさり失速。展開がはまった5番手確保の高橋の捲り頃と思われたが、先に仕掛けた村上がじゃまになって意外と車が進まない。これで前団の勝負となり、結局岡村の差し込みを許さなかった野口が押し切り、嬉しい記念初優勝を飾った。2着は岡村、直線で伸びた守沢が3着で入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20210418211546