最新のコメント
最新のトラックバック

広島全プロ記念競輪スーパープロピストレーサー賞を振り返って

2021/05/30 23:43

スタート牽制があったため、鈴木庸之が先導誘導員を追いかけることになり、正攻法は吉田拓矢─鈴木庸─諸橋愛で、松浦悠士─小倉竜二─佐藤慎太郎が中団を占め、古性優作─坂口晃輔─鈴木裕が後ろ攻めとなった。型通り古性が赤板前から上昇を始めて、鐘前1コーナーで先頭に立ち、他派の様子をうかがったが、松浦が吉田にフタをする感じで中団に固執したため、そのまま古性が逃げることになる。こうなれば松浦はタイミングを見計らって仕掛けるだけ。2コーナー手前から猛スパートをかけ、坂口のブロックもあっさりクリア。地元での嬉しい勝利となった。2着は松浦に続いた小倉。3着は吉田を捨てた鈴木庸が大外を伸びて入線。

カテゴリ:なし ポータルカテゴリへ

この記事に対するコメントを書く

お名前
コメント

トラックバックURL

http://www.gamble-tips.com/system/tb.cgi/goodtips/20210530234348